12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-12-05 (Fri)
               そら    5歳
DCIM4810.jpg

そらは2歳、3歳のころ2年連続して40個の卵を産みました。
なかなか発情を抑えることができず、3歳の冬に卵管炎からの腹膜炎、気嚢炎になり
本当に命を落としかねない状態でした。

4ヶ月のキャリ―生活をして飛ぶことを禁止し
奇跡の復活をしました。
先生の治療と厳しいダイエットによって命拾いしました。
その後産卵はありません。

度重なる産卵で骨盤は開きっぱなしです。
その後遺症で足の痙攣と違和感はいまも続いています。

左の卵管が太くなり、まず左の足にピクピクする症状があらわれました。
その後右足にも症状がでました。足の神経を圧迫しているのです。

自分で足の指をいじってるのもあるのでしょうが
足の指の付け根の部分が腫れています。
下にいることが多いため負担もかかったのだとおもいます。
いわゆるバンブルフットというようです。
あひるさんの足みたいに平ぺったくなるのです。

みかん 10歳 
                                  そら   
DCIM4807.jpg

足のパタパタする動きは夜に激しくなります
これは副交感神経が優位になるためと思われます。

ここ何カ月もずっとジアゼパムを欠かせません。
ひどい時は連続してパタパタしているために夜眠れず
体重が減りました。ジアゼパムも朝晩の2回あげています。
血中濃度を保つためです。

体重が増えるとすぐ発情に結びつきますから
たくさんは餌を増やさず体重をみながら少し増やしたり
パタパタが減ったら餌を減らしたり調節しました。

数日前からコエンザイムの粉をほんの少しだけ飲み水に与える治療を始めました。
循環をよくするそうです。
あの美容などに効くコエンザイムです。





DCIM4823.jpg

同じ時期にこのテントも試しています。
プラスチック床だと寝るときにパタパタする不安定さを
和らげてくれると期待しています。
足のうらにも優しいからです。
床全体にこのようなフカフカな生地をひいてみたのですが
ドン引きでしたのでテントのみになりました。
テントは発情につながるから注意深くみていきたいと思います。

たくさん産卵をしている鳥さんのパパママさんにぜひ知ってほしいのです。

今大丈夫だからと言ってもいつか多産の影響は出てきます。
すぐに多産を抑えるように最大限の工夫をしてあげてください。
体重が減らないのはパパママさんが与えているからです。
ダイエットや餌の調節は発情抑制にとても効果があります。
試してみてくださいね。鳥さんによって適正な餌の量は違いますから配慮してくださいね。

また無精卵なのに卵を産んだからと巣材や箱などを入れるのはよくないと思います。
産卵、子育てするのにいい環境と思わせないといけないからです。
ラブバなら最後の卵を産んでから3週間は抱卵させたほうがいいのはみなさんよく御存じを思いますが。

寒さが厳しくなってきましたね。
寒さにより卵づまりなどすべての鳥さんが起こしませんように。
みんな発情による病気になりませんように。




ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : Love Bird
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by ピヨジジ
スゴく、スゴ〜く勉強になりました(´・_・`)

ウチのまるちゃんも気をつけないと。。

ダイエット食に変えてから体重も減り、身軽になって
きたようです。

* by akko
そららちゃん、頑張ったね♪
それ以上に、すいかママさんのそららちゃんを思う気持ちに感動です!(ToT)
鳥ちゃんが病気になった時、そこまでしてあげられるかとっても不安です。
我が家は多分、男子ばかりですが、
やはり、発情過多はよくないと思っています。
勝手にオエオエーするから困ってるんですよぉ。
みんな、毎日決まった量のご飯を食べて、
太り過ぎには注意をしています。

みかんちゃん、元気な姿が見られてうれしいです♪

発情は優秀なんだそうですが * by らぶばーど
こんにちわ(*^^*)
ブログへ訪問、コメントありがとうございましたm(__)m

返信バタバタしててまだなので後ほどさせて頂きます(汗)

そらちゃん発情して卵を沢山産んでしまうんですね(・・;)

結果卵管のみならず、あんよにも影響が出てしまうんですね…

ルンちゃんの初卵が卵詰まりでしたので、卵さんの怖さを知りました…
ルンちゃんは初卵から暫くなかったのに、今年2月と6月に3個ずつ産んでしまってました(・・;)

とり村電話相談をかけた際に運良く松本壮志代表さまが!

TSUBASAの鳥さん達はカナリーシードなしで過ごしているというお話を聞いてで、我が家もCAPさんから無農薬カナリーシード無し小鳥mixを購入して、毎日gを決めてシードとペレットバランス良くあげていたら、発情しなくなり体重も健康的なのに落ちて横浜小鳥さんのバードドック花マルとなりました♪

横浜小鳥さん隣接shopセミナーに於いて海老沢先生が発情は鳥にとって優秀な事だけど、発情過多は病氣にも繋がると話されていました!

すいかママさんの記事を読ませて頂き身を引き締めました!!

私も勉強になりました、ありがとうございますm(__)m

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する